周産期うつ

みなさん、周産期うつ、という言葉をご存知でしょうか。

産後うつ、は比較的知られるようになっているかと思います。

周産期とは出産を含む前後の期間を指す医学的用語です。

実は産後のみならず、妊娠中にもうつ状態になることは多いのです。

周産期うつ=妊娠中のうつ+産後うつ

とご理解していただければと思います。

さて、どの程度の確率で「周産期うつ」におちいるのでしょうか。

2020年に報告された論文では、日本における10万8千人における有病率は

妊娠中のうつ 14%

産後うつ:1ヵ月後 14%、6ヵ月後 11.5%、 12か月後 11.5%

と報告されています。

日本では年間100万人の出産数ですので(コロナ禍で減少中ですが)、周産期にある方は毎年200万人です。上記確率をあてはめると、毎年25万人以上の方が毎年周産期うつに悩まれている、苦しんでいる事になります。

そして、自分が周産期うつにおちいっている、自分のパートナーが周産期うつにおちいっていることにすら、気付いていないケースも多数あると思われます。

同論文から、図を改変して(日本語に翻訳)引用させて頂きます。

画像1

この図が示す事は、適切な対処をしないと、自然経過で周産期うつは改善しない、時間薬が効かない、ということです。

では、どのような対応が良いのか、これも、周産期うつに対する各種心理療法の有効性を統計的に比較検討した論文が既に出ています。

Sockolらによると、

①どの心理療法も、うつ症状を十分に改善する事
②また心理療法の回数も6~16回で効果を発揮している事
③個人心理療法(1対1)が良い事
④対人関係療法が特に有効であること

などが、統計的に示されています。

対人関係療法というと、難しく感じますが、周産期の女性は、身体的変化のみならず、仕事や家庭生活を始め、自分を取り巻く人間関係・環境の変化に適応する事がしばしば困難となります。そこに寄り添って、孤立を防ぐような心理的支援が有効であること、といえば、分かりやすいかと思います。

もちろん、うつ症状が強まれば、抗うつ薬の服用が必要となるケースもありますが(抗うつ薬の内服も妊娠中に安全に行えることから産婦人科学会のガイドラインからも必要な場合は勧める旨が記載されています)、心理療法を早い段階で行えれば、症状の悪化を防ぐ・改善差せれることが統計的にも証明されていますので、1人で抱え込まずに、適切なカウンセリングを受ける事が大切な事だと思います。

そして何より、本来新たな生命を生み育てるという大切なライフイベントに対してポジティブな状態で向き合っていただけることが、良い事には異論はないでしょう。

1人で悩まない事、そして誰にでも起こり得る事であるため、自分を責めない事、が最も大切なメッセージと考えます。

コラム第13回「うつ」について、再度

「うつ」は、精神科、心療内科を受診される一番多い理由、訴えになるのではないでしょうか。あらためて、うつについて、コラムで述べていきたいと思います。

そもそも、「うつ」と聞いて、思い浮かべるものは、皆様一人一人異なられることでしょう。職場、学校、家庭、人間関係、さらには自身や家族の健康問題などで思い悩むことは日常的です。現在のように、コロナウイルスによって、非日常的な状況を強いられていれば、それらもストレス要因になります。

ストレスが強まる、または一定期間持続すると、ストレスによる脳機能の低下が生じてきます。結果として、気分が落ち込む、意欲が出ない、十分に睡眠がとれない、食欲が出ない、妙な不安が出る、出口のない同じことばかり考えてしまい、気疲れしてしまう、中長期的にものごとが見れない、といった特徴的な症状が出てきます。

これらは、すべて「うつ」症状に該当します。

また、身体の不調を訴える方も多いでしょう。肩こり、頭痛、腰痛等の悪化、めまい・ふらつき、胃腸の具合が悪いなどなど、ストレス下では様々な身体症状が出ます。これらの身体症状を丁寧に診療していくと、実は「うつ」症状の治療が必要であるというケースは、稀ではありません。

では、「うつ症状」があれば、「うつ病」かというと、そういう訳ではありません。

第11回:ADHD(注意欠如・多動性障害)

本来であれば、生まれ持った特性(性質)であり、小学生時に気づかれるべきものです。ただし、2010年頃までは教育現場含めた一般層への理解が浸透していなかったこともあり、成長する過程で、より困難に遭遇して初めて気付かれるという事が稀ではありません。

第9回:強迫スペクトラム障害

スペクトラムというのは、広がりがある、連続性がある、関連がある、といった概念です。
「特定の事がらが気になって仕方ない」という症状があり、強迫性障害と併存する事が比較的多い症状群も、強迫スペクトラム障害として診断・治療が可能です。

第8回:投薬治療について

精神科治療において、投薬による治療(薬物療法)は重要な選択肢の一つです。
しかしながら、適切な薬物療法がなされていない事が多いというのも現状です。
特に懸念されるものとして、ベンゾジアゼピン系薬剤があります。
抗不安薬および睡眠薬の殆どがこれに該当します。

第7回 うつとアルコール使用関連障害

うつ病とアルコール依存症は高率に合併することが知られています。

うつ状態の辛さを和らげるために、アルコールは一時的に有効です。

しかしながら、その効果は酔っている間だけのものであり、日常生活におけるコンディションは改善させないどころか、悪化させます。

また、寝つけない、という事をきっかけに飲酒量が増加することも多いでしょうが、酔いが醒めてくると、反跳性の覚醒(深酔いが覚める過程で目が覚める状態)を起こします。

第6回 アルコール使用関連障害

アルコール依存症というと、どうしても、患者様にとって受け入れがたい診断名となります。
精神科領域でも従来対応してきた患者様は入院治療を要するような本当の重症者でしたし、重症化して初めて医療を受ける方が多かったのも事実です。
しかし、どの疾患であっても、早期発見早期治療が最も大切です。
軽症の方、疾患の入り口に立っている方にこそ、治療を提供することが、より効率的かつ効果的なのです。

第5回 強迫性障害(強迫症、OCD):症状が悪化する仕組みと治療

強迫症状は、最初は少し気になる程度および頻度は比較的弱い場合が多いです。
もちろん、ある時点から強烈な強迫症状におそわれるケースもあります。
いずれにせよ、徐々に悪化していくことが多い疾患です。今回は、その仕組みについて、解説していきます。