第5回 強迫性障害(強迫症、OCD):症状が悪化する仕組みと治療

強迫症状は、最初は少し気になる程度および頻度は比較的弱い場合が多いです。
もちろん、ある時点から強烈な強迫症状におそわれるケースもあります。
いずれにせよ、徐々に悪化していくことが多い疾患です。今回は、その仕組みについて、解説していきます。

第4回 強迫性障害(強迫症、OCD):症状と診断

強迫性障害(強迫症)は、英語では、Obsessive Compulsion Disorderと表記され、OCDと略されます。以前は、強迫神経症と言われたこともありますが、神経症ですと性格が要因のような誤った印象を与えかねないため、現在は強迫症という呼称が徹底されています。また、原因が明らかになるにつれて、独立した精神疾患と考えられるようになり、最新の診断体系では、不安症(不安障害)と別個に位置づけられるにいたりました。